ビタミンC

私たちの身体に必要である栄養素はさまざまです。現代人は食生活が日本食から欧米化したことにともないこれまで食事で摂れていた栄養が偏ってしまっている人が増加傾向にあると言われています。

そのため、多くの人がサプリメントを使用することに対して成功感が薄れてきているどころか、その必要性や重要性が認知されてきています。

しかし、それらの成分を大量に摂ればよいということでもないようですね。何事においても適当というのがあるのです。

特に有名なのがビタミンCだと思います。

ビタミンCは体内で合成することができないので、外部から摂り入れる必要があります。ビタミンCが不足してしまうと壊血病を引き起こす恐れもありますし、体内でコラーゲンの生成や抗酸化物質として働くことができなくなります。

そのビタミンCを過剰摂取してしまうとお腹が張ったり、下痢を起こす原因になると考えられていますし、鉄分を蓄積してしまう病気を持っている人の場合、鉄分の吸収を上げてしまうので避けるべきだとも言われています。

さらに、透析の場合多くてもビタミンCの摂取が200mgを超さない方が良いという報告もありますので注意すべき栄養素であると言えるでしょう。

ビタミンCをサプリメントなどによって極端な過剰摂取には注意した方が良いでしょう。

サプリメントサプリメント栄養分